エコニュースWebマガジン > 電気と環境問題を学ぶ  > 環境問題を読み解くことば
環境問題を読み解くことば・社会の変化と共に、新しく生まれる環境用語の数々をご紹介。
new 資源生産性
(しげんせいさんせい)

 モノがどれだけ有効に利用されているかを総合的に表す指標。自然資源やエネルギーが使われた量と、それによってつくり出された生産量や経済価値の比率で求められる。
 比率を求める対象には、複数の選択肢があるが、第4次循環型社会形成推進基本計画では、国内総生産(GDP)を天然資源等投入量で割った値を採用している。数値が高いほど、より少ない資源で大きな価値をつくり出したことになる。

new ESG
(いーえすじー)

 持続可能な社会を形成するため企業や機関投資家が配慮すべきとされる3つの要素「Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)のそれぞれの頭文字を取り示した言葉。主に投資における判断の指標として用いられる。3要素を重視する企業は、長期的にも成長が期待でき、安定した投資先とされる。
 環境では温暖化対策や生物多様性保全、社会では労働環境の整備や地域貢献活動、企業統治では法令順守や社外取締役の独立性などが重視される。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 や行 わ行
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

  • 電気を学ぶ
  • 環境問題を読み解く言葉
  • 電気を読み解く言葉
  • pick up news
  • 懸賞付きクロスワードパズル