eco news アイコン
Eco News Web Magazine
ホーム > 環境市場新聞 > ECO Books
現在、環境問題に関するさまざまな書籍が出版されていますが、その種類の多さに迷わされてる方もいるのではないでしょうか。毎号2冊、環境市場新聞編集部が厳選した本を紹介していきますので、気になった本があればぜひ手に取ってみてください。環境問題について一緒jに考えていきましょう。
金子勝/武本俊彦 著

儲かる農業論 エネルギー兼業農家のすすめ

バー画像

6次産業化と再生可能エネルギーの活用
 食料自給率向上、担い手不足の農家救済、地方の活性化、再生可能エネルギーの普及拡大……。本書にはそれらを一挙に成し遂げる発想が示されている。
 提唱するのは「6次産業化」+「エネルギー兼業農家」という近未来の農家経営モデル。6次産業化とは農業などの第1次産業が、加工・製造の第2次産業と販売・サービスの第3次産業を取り込んでいくこと。つくった農産物をそのまま流通させるのではなく、加工で付加価値をつけ、さらに販売まで手がけて収益性の改善や雇用創出を図る。6次産業化は最近あちらこちらで聞かれるようになったが、本書はそこにもう一つの収益源を提案する。
 それが「エネルギー兼業」。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度によって太陽光発電などの売電利益が見込めるようになった。農業者らが耕作放棄地などに発電設備を導入し、作物も電気も同時につくる。規模の拡大は追わず、あくまで地域分散型で、ITを活用したネットワークがそれぞれを結ぶ。
 提案への賛否は読後の判断にゆだねるが、本書にはTPPから電力システム改革まで幅広い知識が得られる利点もある。

集英社 700円+税
コラムの関連記事
  • 環境政策最前線
  • 企業教育とは
  • 河村隆一のエコスタディ
  • でんでんみと情報
  • おばあちゃんの知恵袋
  • 環境知識
アドレス