eco news アイコン
Eco News Web Magazine
ホーム > 環境市場新聞 > ERIA&SMARTCLOCK 導入事例
ERIA&SMARTCLOCK 導入事例・日本テクノの主力商品「SMARTMETER (スマートメーター)ERIA」(以下ERIA)「SMART CLOCK(スマートクロック)」を導入している企業の省エネ活動にスポットを当てる導入事例集
矢印 丸新本家  矢印 株式会社 シーエーエル  矢印 社会福祉法人 烏山保育園  矢印 医療法人 健美会 佐々木病院  矢印 株式会社 後藤孵卵場 美濃かしわ事業本部  矢印 ホテルノース志賀

丸新本家

契約電力20kW削減 電力使用量19.3%削減
2012年6月~翌年5月矢印2014年6月~翌年5月

仕込み作業がピーク要因
月に3日間の集中対策でデマンド値を削減

アンダーバー画像

 古式製法と国産原料にこだわった醤油や金山寺味噌を製造する和歌山県湯浅町の丸新本家。敷地内には醤油・味噌それぞれの製造工場と醤油製造の見学コース、販売所などが設けられている。
 高圧受電の味噌工場にERIAとSMARTCLOCKを導入したのは2013年8月。早速、代表取締役の新古敏朗さんが使用量の流れを確認すると、デマンド値は夏場の午後を中心に高くなることがわかった。さらに1カ月のグラフを見ると使用量が特に上がるのは、月のうちでも数日程度だった。それが契約電力を押し上げている。
 この期間の作業状況を振り返ってみると、味噌の仕込み期間と重なっていた。味噌の仕込みは、夏場だと1カ月に1回程度で、作業は3日間続く。仕込み期間の大半は、発酵を促すために麹の温度を35 ℃以下に保つ必要がある。この作業に使用する扇風機や冷水チラーが大きな電力負荷となっていた。

丸新本家
丸新本家

 これに対処するためにとった方法は、空調使用の制限と作業工程の見直しだった。まず空調は、仕込み作業中にERIAの警報が鳴ったとき、工場だけでなく事務所も一時的に停止する。そして、精米作業のタイミングを変更。精米には大型機械を使うので、これを仕込みの前日や空調利用の少ない夕方以降に行うなどして電力負荷を分散させピークを抑えた。
 注意して取り組まなければならないのは、月に3日間。集中した対策を進めた結果、デマンド値を20 kW削減することができた。

代表取締役の新古敏朗さん
代表取締役の新古敏朗さん
  • 住所 ● 和歌山県有田郡湯浅町湯浅1466-1
  • TEL ● 0737(62)2267
  • URL ● http://www.marushinhonke.com/
  • 設立 ● 1881年
  • 従業員数 ● 10名
  • 事業内容 ● 醤油、味噌製造
省エネの達人サイトへ メンバーズサイトへ
01

株式会社 シーエーエル

契約電力10kW削減 電力使用量20.9%削減
2010年4月~翌年3月矢印2015年4月~翌年3月

照明の並びに合わせ机を配置
チームも近場にまとまり省エネ活動を容易に

アンダーバー画像

 システム開発を手がける神奈川県横浜市の株式会社 シーエーエル。情報処理システムの立案から開発・保守に至る一貫したサービスのほか技術者の派遣も行っている。
 日本テクノのサービスを初めて導入したのは2002年。その後、2009年にERIAを導入し、2015年に新型ERIAに切り替えた。ただ本格的な活用を始めたのは東日本大震災後だった。「電気は業務に欠かせないもので、使用量が増え料金が高くなっても抵抗はありませんでした。だから地震後の計画停電のときは対応に追われ大変でした。それが省エネ活動を本格化するきっかけになりました」と話すのは総務部副部長の田澤俊和さん。同部の飯田伸彦さんと協力し、取り組みを進めていった。

照明に合わせた配置のオフィス
照明に合わせた配置のオフィス。

 まずERIAの役割を改めて社内に周知した。すると社員の省エネ意識は変化し、無駄な電気の使用は確実になくなっていった。そこで空席状況に応じて部分的に消灯できるよう、照明の配置に合わせ机を設置するレイアウト変更を実施。空調もそれに準じて稼働させるようになった。
 また以前は、同じプロジェクトチームの所属になっても席はそのままで階が分かれていても変更はなかったが、それをプロジェクト開始と同時に席替えするようにした。これで1つのチームが休日出勤したとき「複数フロアの空調と照明をつける」という状況は改善でき、生産性の向上にもつながった。

総務部 副部長の田澤俊和さん(右)と飯田伸彦さん
総務部 副部長の田澤俊和さん(右)と飯田伸彦さん
  • 住所 ● 神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩井町475-2
  • TEL ● 045(721)9311
  • 設立 ● 1979年9月
  • 従業員数 ● 62名
  • 事業内容 ● システム開発などIT事業
省エネの達人サイトへ メンバーズサイトへ
05

社会福祉法人 烏山保育園

契約電力16kW削減 電力使用量17.1%削減
2013年9月~翌年8月矢印2014年9月~翌年8月

迷わずに取り組める
省エネ活動の指標に電気使用のスケジュール

アンダーバー画像

 1926(大正15)年、隣接する慈願寺の本堂を開放して始まったのが栃木県那須烏山市にある烏山保育園である。園児に優劣をつけず、互いを認め合うことで個人を尊重した保育を行っている。
 ここでは、スタッフが迷わずに取り組める省エネ活動の指標をつくっている。それが電気使用のスケジュール表だ。その場所にある照明や空調は、いつ電源を入れ、どの時刻になったら止めるのか、それらを細かく指定してある。
 園内には、保育室が7つあり、ほかに遊戯室、給食室、事務室がある。スケジュール表はデマンド値を押し上げないよう各室の空調の使用時間を調整してつくった。ただし園児の活動に影響を与えない場所では、空調ではなく扇風機やシーリングファンで代用する。

社会福祉法人 烏山保育園
社会福祉法人 烏山保育園

 「園のスタッフはそれぞれ勤務時間や出勤日が異なります。頻繁な会議はできないので、こうしたスケジュール表が役立っています」と事務長の和義さんは言う。
 ルール化して取り組む活動はほかにもある。例えば、給食を2階のクラスへ運ぶ専用エレベーターの使用法。何度も往復するのではなく、デマンド値が確定する30分間隔を考慮し、前半と後半に分けて合計2回の使用で済ませるようにした。
 以前は、おやつ後の清掃時間に、各クラス一斉に掃除機をかけ、頻繁にブレーカーが落ちることもあった。今では省エネ意識の高まりで掃除機から一部ほうきへ替えたが掃除機のままであっても詳細なルール化でピークは抑制できただろう。

事務長の和義さん
事務長の和義さん
  • 住所 ● 栃木県那須烏山市中央2-3-25
  • TEL ● 0287(82)3372
  • URL ● http://www.karaho.net/
  • 設立 ● 1926年4月
  • 従業員数 ● 32名
  • 事業内容 ● 保育園
省エネの達人サイトへ メンバーズサイトへ
03

医療法人 健美会 佐々木病院

契約電力19kW削減 電力使用量14.0%削減
2011年4月~翌年3月矢印2015年4月~翌年3月

省エネの取り組みは
各現場に応じた内容で部署間の協力は万全

アンダーバー画像

 福岡県北九州市にある佐々木病院は、循環器、消化器など内科を中心に、整形外科や皮膚科といった専門外来もある医療施設。患者へのサービスを第一に考え病院全体で省エネに取り組む。
 本格的な活動を始めたきっかけは2013年11月のERIAとSMART CLOCKの導入だった。医事課の課長・貞末文生さんは「デマンドの仕組みを聞いて驚きましたが、年間の基本料金が30分の間で決まるということは、そこに注力すれば電気代も削減できると考えました」と話す。

佐々木病院の外観
佐々木病院の外観

 導入後は日本テクノの担当者による勉強会を開き、デマンドの知識とその対策を院内に浸透させた。警報の鳴る意味を理解したそれぞれの部署が、各現場に応じた対応をとっていく。「病棟には時計の色の説明と、ピーク時にオフにする設備などが手書きで書き込まれています」と同課係長の黒田大作さんは言う。
 記されている内容は「ナースステーションと廊下のエアコンをオフ」「患者様がいない時は談話室の照明とテレビを消す」など、各階の状況に合わせた対策だ。デマンドピーク時以外にも、リハビリ室では、「昼休みは消灯する」「業務終了後はリハビリ機器のコンセントを抜く」。透析室は、「更衣室・食堂は使用していない時は消灯する」「業務終了後はパソコン・テレビのコンセントを抜く」など、それぞれのルールを決め、現場に適した省エネ活動が実施されている。

医事課 課長の貞末文生さん(左)と係長の黒田大作さん
医事課 課長の貞末文生さん(左)と係長の黒田大作さん
  • 住所 ● 福岡県北九州市八幡西区吉祥寺町9-36
  • TEL ● 093(617)0770
  • URL ● http://www.sasaki-hsp.jp/
  • 開設 ● 1927年
  • 従業員数 ● 150名
  • 事業内容 ● 病院
省エネの達人サイトへ メンバーズサイトへ
04

株式会社 後藤孵卵場 美濃かしわ事業本部

契約電力12kW削減 電力使用量11.7%削減
2013年8月~翌年1月矢印 2014年8月~翌年1月

継続する省エネ活動
2段階で実施したデマンドピーク対策

アンダーバー画像

 岐阜県関市にある株式会社 後藤孵卵場の美濃かしわ事業本部は、鶏肉の加工・卸売拠点として、1日に約3トンの商品を取り扱っている。
 2014年の夏にERIAとSMART CLOCKを導入後、本部長の降旗茂樹さんと工場長の田中松男さんが電気の使用状況を確認してみると、それまでの予想が誤りであることに気づいた。「夏場のピークは気温の上がる午後2時前後と思っていましたが、実際は夕方6時でした」。
 その時間は、加工した商品を冷凍保存するため大型の急速冷凍庫を稼働するタイミング。そこに加工場の生産機械や空調の使用が重なり、ピークの原因になっていた。

美濃かしわ事業本部の外観
美濃かしわ事業本部の外観

 そこで、急速冷凍庫の立ち上げを、加工場の作業が終わる午後7時に変更した。同時に、季節や気温によって稼働時間も見直す。これまでは常に12時間稼働させていたが、夏は12時間、秋は10時間、冬は8時間と品質に影響を与えない範囲で微調整するようにした。
 急速冷凍庫運用の見直しで夕方6時のピークは抑えられた。だが、そこで活動を終わりにはしない。ERIAの目標設定値をさらに下げ、2段階目のピーク対策に取り組んだ。次のターゲットは午前10時前後。電気の使用状況を見直し無駄づかいを洗い出しては電源をオフにする。製氷機の稼働時間を変更する。ピーク時には廊下の消灯や、商品搬送用バットの洗浄機を一時的に止めるなどの対策を実行している。

工場長の田中松男さん(左)と本部長の降旗茂樹さん
工場長の田中松男さん(左)と本部長の降旗茂樹さん
  • 住所 ● 岐阜県関市下白金28-1
  • TEL ● 0575(28)2131
  • 創業 ● 1948年9月
  • 従業員数 ● 30名
  • 事業内容 ● 鶏肉の処理加工
省エネの達人サイトへ メンバーズサイトへ
05

ホテルノース志賀

契約電力18kW削減 電力使用量7.4%削減
2012年8月~翌年7月矢印2013年8月~翌年7月

デマンド対策から
恒常的な省エネ行動へさらにサービス向上にも

アンダーバー画像

 長野県の北西部、北志賀高原にある「ホテルノース志賀」は、スキー場に隣接する宿泊施設。ウィンタースポーツシーズンはもちろん、春の山菜シーズンや、秋の紅葉狩り、夏場は学生を中心とした合宿など年間を通して利用客が絶えない。
 ERIAとSMART CLOCKは2013年11月に導入した。まず取り組んだのはデマンド対策。警報が鳴ると女将の山岸公子さんが館内を見回り、レストランや宴会場などの空調を複数台稼働している場所でその一部を一時的に止める。また厨房の食洗機と乾燥機の使い方も見直した。以前は、食事時間と平行してこれらを稼働させていたが、可能な限り使用済み食器を水に浸けておき、翌日の10時から15時の間に食洗機にかける。電力負荷の高い機器の使用時間をずらすことでデマンド値を削減した。

ホテルノース志賀の外観
ホテルノース志賀の外観

 省エネの意識はスタッフの間にも広まった。フロントでは宿泊客の動きを見ながら照明を間引き点灯。厨房の準備の時間帯はスタッフのいる場所のみ照明をつける。チェックアウト後の客室は、退出後すぐに照明と空調を消し、カーテンを閉める。それらは今や恒常的な活動になっている。
 さらに電気の省エネ以外にも、水道メーターを毎日チェック。その数値と宿泊客数を把握することで、シャワーの不具合やトイレの水漏れなどを早期発見できる。「お客様の不便を未然に防げるので省エネだけでなく、サービス向上にもつながります」と山岸さんは省エネ活動の相乗効果を実感している。

女将の山岸公子さん。
女将の山岸公子さん
  • 住所 ● 長野県下高井郡山ノ内町北志賀高原竜王
  • TEL ● 0269(33)7111
  • URL ● http://www.h-north.co.jp/
  • 開業 ● 1989年4月
  • 従業員数 ● 20名(冬は50名、夏は30名)
  • 事業内容 ● ホテル
コラムの関連記事
  • 日本の環境教育
  • All for JAPAN
  • Eco Story
  • techno's Thinking
  • 環境モデル都市探訪
過去の一覧
topへ戻る
アドレス