eco news アイコン
Eco News Web Magazine
ホーム > 環境市場新聞 > 企業教育とは

エピソード環境市場新聞創刊時から連載する人気コラム。企業活性化教育研究所の長尾光雄所長が、企業研修時に経験した「因果倶時」(原因と結果は必ず一致するという意味)にまつわるエピソードを紹介します。

#31
因果倶時(いんがぐじ)-10-

現状はいつも不十分
決して満足しない

 ある部門の新入社員5人だけが入社後3カ月もたたないうちに退職した。私は部門のリーダーに理由を聞いた。彼は「自分の指導力不足、社員に要求しすぎ」などと答えた。だが口先だけで反省の色は感じられない。反省も自己改善もないなら、同じ結果を繰り返すだろうと私は思った。
 本当に優れた企業人は、現状をいつも不十分と考えている。常に反省して具体的な対策を考え、それを強化している。自己改善の姿勢が身についているのだ。その背景には、自分自身に対する要求の高さがある。企業人生は挑戦の連続だ。だから目標を達成しても、それを終点にしない。常に改善を進め、将来の自分に投資する終わりのない挑戦を繰り返す。その過程で成果は自然に生まれる。因果倶時だ。
 寓話を紹介しよう。
 黒帯を与えられることになった武道家が、師範の前でひざまずいた。苦しい修行の末、ようやく頂点に立てるのだ。
 「もう一つ最後の試練がある」と師範は言った。「準備はできています」もう1回試合をするのだと武道家は思った。
 「大切な質問に答えてもらう。黒帯の本当の意味は何か」
 「旅の終わりです。これまでの厳しい修行に対する当然の褒章です」
 師範は押し黙り、しばらくたって口を開いた。
 「まだ黒帯は与えられない。一年後にきなさい」
 その言葉通り一年後、武道家は再び師範の前にひざまずいた。
 「黒帯の意味は何か」
 「武道で卓越した技を持ち、頂上に達したことを示すものです」
 師範は続く言葉を待った。言葉がないとわかると、師範は口を開いた。
 「一年後にきなさい」
 一年たち、武道家はまた師範のもとへ。師範は同じ質問を繰り返した。
 「黒帯の意味は何か」
 「黒帯は出発点です。常に高い目標を目指し、終わりなく続く修行と稽古の旅の出発点です」
 「ようやく黒帯に値するようになった。修行はこれから始まる」

ながお・みつおプロフィール topへ戻る