CO2排出係数

電力会社が一定の電気をつくる際にどれだけCO2を排出するのか示すもの。発電時の排出量を算出しそれを販売電力量で割って1kW時当たりの量を求める。火力発電など化石燃料を多く使えば係数は高くなる。一般家庭などはこの係数に使用量をかけて電力消費における排出量を計算する。
 2018年度の大手電力会社の排出係数は前年比でほとんどが減少しており、最も減少率の大きかった九州電力は前年の73%だった。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧