• レポート
  • 環境市場新聞で取り上げたレポート記事をご紹介

河村隆一さんベストギフト『株式会社 霧下そば本家』

特別編
河村隆一さんセレクション 第1回ベストギフト決定!

今回の訪問エコスポットは特別編をお届けする。
日本テクノが提供する会員向けネットショッピングモール「GIFT street」で、ベストギフトを選ぶ企画がスタートした。選者は同社イメージキャラクターの河村隆一さん。記念すべき第1回セレクト商品の提供企業に河村さんが吉報を届けた。

2019 上半期 BEST GIFT『そば粉・そばの実セット』
国産 霧下そばの実×1/ ガレット用 そば粉×1/ そばがき用おいしいそば粉×4 の3種セット。簡単なレシピ付き。

食卓に新しい彩りが加わる栄養豊富でヘルシーな料理素材

そばの実をひく石臼が約60台。石はそれぞれの材質や目立てが異なり、求める味や香りなどに応じて選別するのはもちろん、回転数や材料供給量といった細かな調整も怠れない。約250年続くそば粉製造の「霧下そば本家」。この老舗の提供する商品が第1回ベストギフトに選出された。「米粒ほどのそばの実を色や大きさで選別したり、シルクを使いふるいにかけたり、作業はとても繊細。いいものをつくるため日々試行錯誤する姿勢はまさに職人ですね」と製造現場を案内された河村隆一さんが感嘆する。

数ある候補から河村さんがセレクトしたのは「そば粉・そばの実セット」。リゾットやそばがき、ガレットなどを家庭で簡単につくれる素材3種の組み合わせだ。「ヘルシー志向に応える最適品だと思いました。これなら、工夫次第でデザートなどにもできる。色々な料理を試してほしいですね」と河村さんが選定に込めた思いを明かす。

「ありがとうございます。食卓に新メニューが加われば、うれしいですね。そばは栄養も豊富で、特にルチンという成分は、血圧や血流にもよい効果を与えてくれる。これからも、喜ばれる商品をつくっていきます」と代表取締役で8代目の田光誠さんが感謝の言葉を返す。
そば粉製造は石臼でひくだけではなく、精選、脱皮、ミキシングなど複数の緻密な工程が必要になる。河村さんはその一連の流れを見学し商品一つひとつに込められた強いこだわりを感じ取っていた。

株式会社 霧下そば本家
1772 年、新潟県で創業。1953 年、現在の本拠地、東京都墨田区に工場を新設。そば粉の製造技術は業界随一と称されるほど。国内はもとより海外からも多様な玄そばを入荷し熟練の技術で高品質の商品を提供し続ける。

最後に皆さんと記念写真

ベストギフト企画

数百品目の出品商品(ギフト)の中から、河村隆一さんがお薦めしたい「ベストギフト」を1品選び、その商品をGIFT streetサイトの特設コーナーで紹介する企画。ギフトの選出は半期に1度のサイクルで実施。

GIFT street

日本テクノが発行したGIFT ポイントに応じて商品(ギフト)に交換できるサイト。ギフトの出品企業も、日本テクノのお客様。各社が自信を持ってつくる名産品や独自ブランド品などをラインナップする。
GIFT streetサイトはこちら≫

「株式会社 霧下そば本家」 訪問中のメイキング動画はこちらから


【音楽】河村 隆一「Life」

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧