全量買取制度

全量買取制度(ぜんりょうかいとりせいど)
 設置する太陽電池の総出力が10kW以上のもので、事業者の太陽光発電所や工場など産業用途が前提。
固定買取期間は20年間。 ただし、個人住宅であっても総出力が10kW以上であれば全量買い取りできる制度が適用される場合もあるが(制度利用の条件を満たす場合)、 全量買取の場合は設置の補助金がない。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧