• 電気を学ぶ
  • 電気に関する知識や雑学をイラスト入りで紹介

トーマス・エジソン

17さいころ、カナダの駅舎えきしゃ何事なにごと事件じけんがなければ1時間じかんおきに勤務きんむいていることをしめ電信でんしんるだけの退屈たいくつ仕事しごとき、時計とけい使つかって電信機でんしんきから自動じどう信号しんごうおく機械きかい発明はつめい
しかし、あまりにも正確せいかく電信でんしんとどくことを不思議ふしぎおもった上司じょうし注意ちゅういされる。
これがエジソンにとって最初さいしょ発明はつめいとなる。21さいころ議会ぎかいにおける賛成票さんせいひょう反対票はんたいひょうかずしボタンで瞬時しゅんじ集計する電気投票集計機でんきとうひょうしゅうけいき開発かいはつ
投票とうひょうにかかる時間じかん短縮たんしゅくできる画期的かっきてき発明はつめいとなるはずだったが、
少数派しょうすうは議員ぎいんによる牛歩戦術ぎゅうほせんじゅつができなくなる」という理由りゆう不採用ふさいようとなる。

これらの経験けいけんて、立派りっぱ発明はつめいでも人々ひとびとんでくれなければ意味いみがないことを
痛感つうかんし、周囲しゅうい意見いけん要望ようぼういてから発明はつめいかるようになった。

られている発明はつめい白熱電球はくねつでんきゅうで、ジョセフ・スワンが発明はつめい実用化じつようかした白熱電球はくねつでんきゅう本格的商品化しょうひんか。エジソンとスワンで会社かいしゃ設立せつりつしてひろめた。

白熱電球はくねつでんきゅう当時とうじ「アークとう」とばれ、通電つうでんさせたふたつの炭素たんそぼう(フィラメント)
接触せっしょくさせてはなすことで発生はっせいする放電現象ほうでんげんしょう利用りようした照明しょうめいだった。
炭素たんそフィラメントは寿命じゅみょうく、かりがつよすぎて街灯がいとうにしか使つかえないものだった。
そこで、エジソンはフィラメントを木綿もめんから友人ゆうじんのひげまで様々さまざま素材そざいで、 やく6,000種類しゅるい電球でんきゅう作成さくせい

唯一ゆいいつ、200時間じかんひかつづけている電球でんきゅうたけからつくったフィラメントだった。

よりよい電球でんきゅうつくるために世界中せかいじゅうたけあつめた結果けっか日本にほん京都府八幡村きょうとふやわたむら現在げんざい
京都府八幡市きょうとふやわたし)のたけ採用さいようされた。
そのたけつくった電球でんきゅうは、2,450時間じかんひかつづけることに成功せいこうした。

すぐれた発明家はつめいかとしてられているエジソンは、
生涯しょうがいにおよそ1,300もの発明はつめいをおこなった人物じんぶつであり、
蓄音機ちくおんき、トースターや電気でんきアイロンなど人々ひとびと生活せいかつ一変いっぺんさせるような発明はつめいをいくつも開発かいはつしている。

ちょっと雑学
当時とうじのアメリカでは1にち2しょく一般的いっぱんでしたが、トースター販売はんばいのために1にち3しょく
宣伝せんでんして、現在げんざいも1にち3しょく定着ていちゃくしている。

エジソンは努力どりょくひとでもあり、おおくの名言めいげんのこしている。そのなかの1つが
『それは【失敗しっぱい】ではなく、この方法ほうほうではうまくいかないこと発見はっけんした【成功せいこう
なんだ。』
こうした失敗しっぱいしてもあきらめない思考しこう偉大いだい発明家はつめいかへのみちとなった。

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧