特別高圧

特別高圧は、大規模工場など大量の電力を使用する施設で用いられる直流・交流ともに7,000Vを超える電圧のことです。特高とは、特別高圧を略した呼び方です。大量の電力が必要な工場などでは、大きな電流を流すために高い電圧が必要となります。そのため、施設内に特別高圧用の送電線を引き込み、電流を流しています。送電線を引き込むには鉄塔などの支えも必要なうえ、施設内の受変電設備などの維持のために、電気主任技術者を配置しなければなりません。特別高圧電力を利用するためには大規模な設備や人材が必須です。
特別高圧は受電電圧20,000V以上、かつ契約電力2,000kW以上が一般的です。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧