• エコブックス
  • 環境に関する書籍をご紹介。バックナンバーもお読みいただくと、環境問題のトレンドがわかります。

図解でわかるカーボンリサイクル|エコブックス

CO2循環システム構築という一手


 地球の大気にある二酸化炭素(CO2)は、排出と吸収を繰り返す自然の循環システムによって一定量が保たれていた。生物の呼吸で排出、植物の光合成で吸収、または海域での吸排といったサイクルだ。そこに化石燃料を使う人為起源の排出が加わった。自然の循環では賄えない量が積み重なり、大気中のCO2濃度は急激に上昇した。
 そこで人為的排出分は、自然のシステムとは別の循環サイクルをつくって相殺しようというのがカーボンリサイクルである。本書はその概念、システム、技術などを多彩な図表とともに解説している。表紙イラストの柔らかなイメージとは異なり、随所に化学反応式を用いるなど専門性が高い。なお、2050年カーボンニュートラルという政府目標が出る前の刊行なので関連データが以前のものでないか若干注意が必要だ。
 それでも、各専門家(一般財団法人エネルギー総合工学研究所に在籍する研究者ら)が詳述する情報は、温暖化問題に関心のあるすべての人に有用だ。CO2回収の難しさ、回収後に燃料や化学品などへ転換する際必要なエネルギーや水素、それを生み出すための再生可能エネルギーなど周辺事情も明らかにす
る。温室効果ガス排出ゼロへ向けた取り組みに、CO2循環システム構築という一手を加える必要性が見えてくる。

技術評論社 2,948円(税込)
一般財団法人 エネルギー総合工学研究所 編著

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧