• 生活の知恵
  • おばあちゃんの知恵袋|生活にまつわる知恵をご紹介

『日本手ぬぐい』活用法~インテリア編~|おばあちゃんの知恵袋

最終更新日 2021.2.3

今回は、目で見て楽しむ手ぬぐいのお話をしましょう。
北欧やヨーロッパで古くから親しまれてきたインテリア雑貨の「ファブリックパネル」を知っていますか。
掛け軸にも似たファブリックパネルは、手ぬぐいを使うと和モダンな雰囲気を気軽に取り入れられます。
作り方は、パネルに布を貼り付けるだけなので誰でも簡単にできておしゃれ。
手ぬぐいより一回り小さい発泡スチロールを用意したら、裏面にして縁から2cm内側に深さ1cm程度の切り込みをカッターで4辺に入れます。
布がたるまないように引っ張りながら切れ目に差し込んだら、絵画のように壁に飾ればできあがり。
挟み込むだけなので、簡単に付け替えられます。
布をカットしてミニサイズで作れば、ちょっとしたスペースでも楽しめますね。
ほかにも、つっぱり棒を利用してのれんにしたり、テーブルクロスとして活用するのもおすすめです。
季節や気分に合わせた手ぬぐいを飾れば、お部屋の雰囲気を一新できますね。

@おばあちゃん

関連記事一覧