余剰電力買取制度

余剰電力買取制度(よじょうでんりょくかいとりせいど)
 発電した電気から、家で使った電気を引いて余った電力を電力会社に買い取ってもらう制度。太陽電池の総出力が10kW未満で固定買取期間は10年間。(一般的な住宅は4~5kW程度)
現在は固定価格買取制度(新制度)になっている。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧