電力システム改革

電力システム改革(でんりょくしすてむかいかく)
 電力の安定供給の確保、電気料金の引き下げ、需要家の選択肢の多様化と新規参入機会の拡大などを目指し、2013年4月に閣議決定された電力市場の改革方針のこと。
 2015年に電力広域的運営推進機関を発足、2016年に電力小売り市場を全面自由化、2020年に大手電力会社の送配電部門を切り離す「発送電分離」の実施、という3段階の工程で進められる。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧