• 生活の知恵
  • おばあちゃんの知恵袋|生活にまつわる知恵をご紹介

古くから愛される便利アイテム『日本手ぬぐい』|おばあちゃんの知恵袋

古くから愛用されてきた「日本手ぬぐい」の魅力をひも解きましょう。
薄くてかさばらず、速乾性と通気性に優れた日本手ぬぐい。
両端が切りっぱなしになっているのは、江戸時代に反物から直接切り売りされていたことに由来するそうです。
使い始めのうちはほつれてきますが、徐々に落ちつくのでご安心を。
縫い目がないので、端に汚れがたまることもなく、とても衛生的ですね。

手ぬぐいはその昔、旅には欠かせない七つ道具のひとつでした。
手や体を拭く以外にも、風呂敷のように物を包むことができるほか、頭巾やマスク、紐、包帯など、さまざまな用途があることから、二本以上は持ち歩くことが常識だったそうです。
砂ぼこりの多かった江戸の下町などでは、手ぬぐいを帽子やスカーフに見立てて、粋なおしゃれを競ったんですって。
最近では、その便利さと豊富なデザインから、再び注目を集めています。
今後も色々な手ぬぐいの利用法をご紹介していくのでお楽しみに。
みなさんの使い方も教えてくださいね。

@おばあちゃん

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧