• 環境問題 常識テスト
  • 環境市場新聞で取り上げた内容をもとに環境問題を出題。あなたは何問わかりますか?

環境問題 常識テスト 環境市場新聞65号

出題範囲は環境市場新聞64号の掲載記事

Q1

3種の主要な温室効果ガスの大気中濃度は近年増加を続けている。その3種を比率の大きい順に並べ左から記したとき、正しいものは次のうちどれ?
【Hint 出典記事】【1面】主要温室効果ガス濃度 最高更新
aCO2、メタン、N2O
bCO2、N2O、メタン
cメタン、N2O、CO2
dメタン、CO2、N2O

答えをみる

Q2

2021年2月、2050年にCO2の排出を実質ゼロにすると表明した自治体の合計人口が1億人を超えた。その表明をした自治体を何という?
【Hint 出典記事】【2面】実質CO2 ゼロ自治体、人口1億人超え
aSDGs対応シティ
b気候変動緩和地域
cゼロカーボンシティ
d2050表明自治体

答えをみる

Q3

1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって設立された国連組織。IPCCの略称で呼ばれるこの組織は?
【Hint 出典記事】【2面】ポイント解説シリーズ環境関連の機関・組織
a世界保健機関
c国際開発協会
d気候変動に関する政府間パネル

答えをみる

Q4

循環型社会形成のための政府の基本計画などに数値目標を示す評価基準はいくつかあるが、そのうち少ない資源で大きな豊かさを生み出す指標は?
【Hint 出典記事】【2面】〈eco topics〉循環型社会の目標達成厳しく
a循環利用率
c最終処分量
d緑化施工実績

答えをみる

※内容には細心の注意を払っていますが、転載利用など運用の際の責任は本サイトでは負いかねます。自己責任のもとでご活用ください。

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧