eco news アイコン
Eco News Web Magazine
ホーム > 電気を学ぶ > ニコラ・テスラ
ニコラ・テスラ

テスラは1856ねん現在げんざいのクロアチア西部せいぶまれる。
わずか5さい小型水車こがたすいしゃつくした。
おさなころ雪山ゆきやまゆきまるめてげると、斜面しゃめんころがり雪玉ゆきだまおおきくなりつづけをもなぎたおすほどおおきくなったのを自然しぜんのエネルギーに注目ちゅうもくする。
記憶力きおくりょくがよく感覚かんかく鋭敏えいびんすぎるせいか興奮こうふんしたり、つよひかりると幻覚症状げんかくしょうじょうていた。
7つうえあにが12さいときくなったことをきっかけに恐怖症きょうふしょうにもなやまされる。
おおくのマイルールがあり、ホテルまいをしていたときは3でれる番号ばんごう部屋へやしかとままらず、 服装ふくそうはシルクのシャツ、ネクタイ、手袋てぶくろまっていて、1度着どきたものはてていた。
語学ごがく堪能たんのうで8か国語こくご音楽おんがく哲学てつがくこのむ。

オーストリアの工科大学こうかだいがく在学中ざいがくちゅう「グラム発電機はつでんき」という発電機はつでんきとモーターの両方りょうほう機能きのう直流機械装置ちょくりゅうきかいそうちにし、 「回転磁界かいてんじかい」の原理げんりおもいつく。
回転磁界かいてんじかいすため「交流こうりゅうモーター(二相誘導にそうゆうどうモーター)」を完成かんせいさせる。 このモーターを三相以上さんそういじょう発展はってんさせて発電機はつでんきなどの関連技術かんれんぎじゅつわせてつくったのが多相交流たそうこうりゅうシステムだった。

交流モーター

28さいとき交流こうりゅうシステムの実用化じつようかすすめるためアメリカにわたり、エジソンもとはたらく。 仕事しごとを1にち18時間以上じかんいじょうもするほど仕事熱心しごとねっしんであった。
ある蒸気船じょうきせん故障こしょうからヒントを直流発電機ちょくりゅうはつでんき改良かいりょうをエジソンに提案ていあん
交流電流こうりゅうでんりゅう改良かいりょう成功せいこうしたら5まんドルのボーナスを約束やくそくしたエジソンだったが、本当ほんとう完成かんせいするとはおもっておらず テスラが改良かいりょう成功せいこうしても「きみはアメリカりゅうのユーモアがわかっていない。」とはねかえした。

直流ちょくりゅうシステムをそうとしていたエジソンは、交流電流こうりゅうでんりゅう動物どうぶつ感電かんでんさせる危険きけんなものとひろめた。
一方いっぽう、テスラは自分じぶんからだに100まんボルトの電流でんりゅうなが放電ほうでんするショーをひら交流電流こうりゅうでんりゅう安全あんぜんびかけた。

そのも、エジソンとは意見いけんわず1ねんほどで会社かいしゃってしまう。 独立どくりつしたテスラは1888ねん米国電気工学者協会べいこくでんきこうがくしゃきょうかい(AIEE)の招待しょうたい発明はつめい発表はっぴょうおこなった。
そこでテスラに興味きょうみしめした人物じんぶつが、アメリカの技術者ぎじゅつしゃであり実業家じつぎょうかのジョージ・ウェスティングハウス(総合電気そうごうでんきメーカー・ウェスティングハウスしゃ創設者そうせつしゃ)であった。
1887ねんにテスラは多相交流たそうこうりゅうシステムの基本特許きほんとっきょしていたが、ウェスティングハウスはテスラから特許とっきょ権利けんりり、 交流送電こうりゅうそうでんシステムでエジソンの直流送電ちょくりゅうそうでんシステムと対決たいけつした。これが「電流戦争でんりゅうせんそう」である。
ナイアガラの水力発電所すいりょくはつでんしょ交流電流発電機こうりゅうでんりゅうはつでんき採用さいようされ交流電流こうりゅうでんりゅう世界的せかいてき普及ふきゅう現在げんざいわたしたちが使つかっている電気でんき交流電流こうりゅうでんりゅうである。

そのテスラの研究けんきゅうは、交流こうりゅうシステムから高周波こうしゅうはへとシフトしていく。
送電線そうでんせんではなく、電波でんぱによって世界中せかいじゅう情報じょうほうとエネルギーを供給きょうきゅうできないかとかんがえたためだった。
地球全体ちきゅうぜんたい磁場じば利用りよう電気振動でんきしんどう共鳴きょうめいさせることで、空間くうかんからエネルギーを無限むげんられる仕組しくみを発明はつめい高周波こうしゅうは高電圧こうでんあつ発生はっせいさせる共振変圧器きょうしんへんあつき「テスラ・コイル」を開発かいはつ

テスラ・コイル

1889ねん無線むせん遠距離えんきょり電力でんりょくおくり、どこでも電化製品でんかせいひんうごかせる「世界せかいワイヤレスシステム」を発表はっぴょう。 (現在げんざいのwifiの原型げんけい
情報伝達じょうほうでんたつのシステムとしては成功せいこうをおさめたが、無線むせんによる電力でんりょく送電そうでんシステムになると こうエネルギーが地球上ちきゅうじょうのどこからでも無限むげんられるため、利益りえきるために電気でんきエネルギーを供給きょうきゅうしていた企業きぎょう国家こっか対立たいりつしてしまい研究けんきゅうすすまなかった。

1900ねん、テスラの論文ろんぶんがモルガン財閥創始者ざいばつそうししゃにとまり、資金援助しきんえんじょけて情報通信じょうほうつうしん無線送電むせんそうでん実験じっけんおこな巨大きょだい無線送電塔むせんそうでんとう世界せかいシステム」の建設けんせつすすめる。
しかし、グリエルモ・マルコーニが太平洋横断無線通信たいへいようおうだんむせんつうしん成功せいこうし、実用化じつようかげてしまったこととモルガンからの、 資金しきんがストップしてしまい、テスラの研究けんきゅう途絶とだえてしまった。

世界ワイヤレスシステム

テスラは交流電流こうりゅうでんりゅうやテスラ・コイルのほかにもリモコン、蛍光灯けいこうとう熱伝導ねつでんどう太陽発電たいようはつでん、レントゲンなど200以上いじょう発明はつめいのこしている。
1915ねんと1930ねんにエジソンとともにノーベル物理学賞受賞候補ぶつりがくしょうじゅしょうこうほとなるが、エジソンと同時受賞どうじじゅしょうでなければしょうわたせないという理由りゆう受賞じゅうしょうにはならなかった。
たがいに同時受賞どうじじゅしょうきらったためだとわれている。

生涯独身しょうがいどくしんで、晩年ばんねんはホテルの一室いっしつごし、ミルクとナビスコクラッカーをこのんでべていた。
その研究けんきゅうつづけていたが、資金しきん機会きかいめぐまれず1943ねん86さいでこのった。
奇抜きばつ実験じっけん時代じだい先取さきどりしすぎたかんがえはまわりの理解りかいられず、マッドサイエンティストのレッテルをられひろまらなかったテスラだが、 磁界じかいにおける磁束密度じそくみつど国際単位記号こくさいたんいきごうにはT「テスラ」の名前なまえ使つかわれている。




※ニコラ・テスラさんから会社名をつけたテスラモーターズが家庭用蓄電池市場に参入 →Pick up newsへ

電気を読み解く言葉へ
もどる
コラムの関連記事
  • 風力発電
  • アンドレ・マリー・アンペール
  • トーマス・エジソン
  • マイケル・ファラデー
  • 屋井先蔵
  • 太陽光発電
  • アレッサンドロ・ボルタ
  • ジェームズ・ワット
  • ニコラ・テスラ
  • 地熱発電
  • 電気を読み解くことば
  • レポートページへ
  • お問い合わせへ
  • Pick uo newsへ
  • 環境問題を読み解くことばへ
  • 環境問題常識テストへ
topへ戻る
アドレス