ポスト2020生物多様性枠組み

 2020年が期限だった「愛知目標」に代わり、2030年までの生物多様性保全に関する国際社会の取り組みを示す新たな枠組み。すでに草案は公表されており、2022年春の国際会議で採択を予定している。
 草案には、従来の2050年長期目標「自然と共生する世界」を引き継ぎながら、全世界の陸域と海域の30%を自然保護区にするなど2030年に向けた21の具体的ターゲットが記されている。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧