二国間クレジット制度

二国間クレジット制度(にこくかんくれじっとせいど)
  オフセット・クレジットの新たな枠組み。地球温暖化問題の解決に向けた新たな枠組みとして日本政府が世界に提案している制度。
二国間の契約において相手国に対し、温室効果ガス削減技術・製品・システム・サービス・インフラ等の普及や対策を通じ、日本の貢献を二国間で独自に定量的に評価し、削減目標の達成に活用する仕組み。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧