環境省 SDGs活用ガイドを発行 「すべての企業が持続的に発展するために」

2018年6月、環境省は「すべての企業が持続的に発展するために─持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド─」を公表した。主に中小企業を対象としてSDGsに取り組むことの意義や利点などを紹介している。

これまで取り組みをしていなかった企業にガイドを活用してもらい、SDGsの活動を広めていくことが発行の目的。すでに取り組んでいる企業にも、活動の見直しや拡充に役立つ内容になっている。主に中小企業を対象にしたため、地域的な活動を行う目線に立ち、その視点から使いやすい内容になることを意図して構成したという。
ガイドは本編と資料編からなる。本編は、SDGsとは何か、なぜ企業活動に関係するのか、取り組むことでどんなメリットがあるか、などの概要理解から、活動のための具体的方法といった実践的内容までを記載。資料編は、参考になる図書やサイト、事例などをまとめている。SDGsにある17のゴールのうち、教育、水・衛生、エネルギー、気候変動など環境保全に関連の深いものを中心とした。
環境省では、ガイド活用によるSDGsへの取り組みで、企業が経営リスクを回避しつつ、新たなビジネスチャンスを獲得し、持続可能な発展を遂げていくよう期待している。ガイドは環境省のホームページからダウンロードできる。
環境産業の市場規模推移

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧