• 生活の知恵
  • おばあちゃんの知恵袋|生活にまつわる知恵をご紹介

冷蔵庫の使い方|おばあちゃんの知恵袋

今回は、夏場は特に活躍する冷蔵庫のお話をしましょう。
みなさんは、食品をぎゅうぎゅうに詰め込んでしまってはいませんか。

冷蔵庫は、詰め込みすぎないことがポイントです。
容量の約7割、奥の壁が見えるくらいを目安にすると冷気がスムーズに行き渡ります。
探しやすくなるので、ドアの開閉時間も短くなって冷気を逃がさずに済みますね。
一方、冷凍庫は、ぎっしり詰めた方が凍ったもの同士が冷やし合うので冷却効率があがりますよ。

また、設置する場所は涼しくて風通しのいいところを選びましょう。
冷蔵庫が放熱しやすいように、後ろや側面にはできるだけ隙間を開けておきます。

他にも冷蔵庫の扉にビニールカーテンをかけて冷気を逃がさないようにしたり、熱いものをきちんと冷ましてから入れるようにすることでさらに省エネ。
季節に合わせて設定温度を変えることも大切です。ちょっとした気遣いで上手な使い方をしていきたいですね。

おばあちゃんは、普段から冷蔵庫の中身をメモ書きにしています。
こうしておけば、お買いもの前に冷蔵庫を開けなくても、必要なものがわかりますね。
計画的なお買いもので、新鮮野菜をたっぷりと使ったお料理が食卓に並べば、おじいさんも喜んでくれるわ。
さあ、今日のお買いものは何にしましょう。

@おばあちゃん

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧