ヒートアイランド現象

 都市部の気温が周辺市街地よりも高くなる現象。ヒートアイランドは「熱の島」という意味で、気温の分布図を描くと高温部が海に浮かぶ島のような形になるため、こう呼ばれるようになった。
 大きく2つの要因があるとされ、1つは人口集中で大量のエネルギーが消費されることによる排熱の影響。もう1つは、コンクリートの建造物やアスファルト舗装道路で地表面が覆われ、水分の多い土の地面よりも放射熱が高くなること。

« Back to Glossary Index

関連記事一覧