環境産業市場約 110兆円過去最大

2019年環境省まとめ 雇用規模も最大約270万人

 環境と経済の相互関係に着目した情報を整備し発信を行っている環境省は2021年6月、環境産業の市場規模や雇用規模などの2019年における推計をまとめ公表した。市場と雇用の規模はいずれも過去最大となった。

 推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」は、環境省が毎年公表しているもの。今回は2020年版になり、2019年の集計を行っている。環境産業を「供給する製品・サービスが、環境保護及び資源管理に、直接的又は間接的に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献する産業」と定義し、推計する。
 2019年環境産業の市場規模は約110.3兆円で過去最大。2000年と比べ約1.9倍に成長した。全産業に占める環境産業の割合は10.5%。2000年は6.1%だった。雇用規模も過去最大で約268.8万人。2000年との比較では約1.49倍になっている。環境産業の輸出額は約17.3兆円、輸入額は約4.0兆円だった。
 報告書では環境産業を4分野に分け、それぞれの規模も推計している。「環境汚染防止分野」は自動車排気ガス浄化触媒が増加し市場規模は約13.0兆円、「地球温暖化対策分野」はガスコージェネなど省エネ関連が増え約37.8兆円、「廃棄物処理・資源有効利用分野」はリフォーム・リペア市場が増加に転じ約50.9兆円、「自然環境保全分野」は持続可能な農林水産業の微増などで約8.5兆円となった。
 なお推計は毎年対象産業を見直すため以前発表の数値と異なる場合があり、合計は端数処理のため合わない場合がある。

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧