• 電気を学ぶ
  • 電気に関する知識や雑学をイラスト入りで紹介

ジェームズ・ワット



計測器製作けいそくきせいさく仕事しごとについていたころ、ワットはトマス・ニューコメンの蒸気機関技術じょうききかんぎじゅつり、改良かいりょうんだ。

当時とうじ機関設計きかんせっけいちからよわく、シリンダーが冷却れいきゃく加熱かねつかえすため燃料ねんりょう大量たいりょう消費しょうひ
ていた。
このてんづいたワットは復水器ふくすいき分離ぶんりして熱量ねつりょう無駄むだをなくすことで、すぐれた蒸気機関じょうききかん開発かいはつした。

また、ピストンの往復運動おうふくうんどう回転運動かいてんうんどうえる仕組しくみもかんがえ出したことにより、燃料効率ねんりょうこうりつのさらなる向上こうじょう実現じつげんした。
のちに、かれ栄誉えいよをたたえ、ちから単位たんいは「ワット」と名付なづけられた。

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧