• おばあちゃんの家庭菜園
  • おばあちゃんの知恵袋|家庭菜園では、おばあちゃんが育てている季節の野菜や植物について紹介

生でも煮込んでも美味しい「トマト」|おばあちゃんの家庭菜園3月

こんにちは、おばあちゃんです。

おばあちゃんの菜園では3月ごろから春、夏に収穫・鑑賞できる植物たちの準備が始まります。
今日は彩りもよく、さまざまな料理に大活躍のトマトの種をまきます。
イタリアをはじめ欧州の料理などに使われるイメージが強いかもしれませんが、トマトは南米ペルーのアンデス山脈周辺が原産のナス科の植物です。

トマトの種は気温が上がり始める3月ごろからまき始めます。ある程度の気温がないと発芽しないので、お住まいの地域の気温の様子をみて種をまいてください。ミニトマトであれば発芽もしやすく、プランターでも育てることができるのでマンションのベランダでも栽培できます。普段スーパーでは見かけないような品種を育てて、味の違いを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

おばあちゃんはお庭でとれたトマトをサラダやマリネにして生で楽しむほかにも、たくさんとれたときには保存用に『トマトソース』を作ります。皮を湯むきし、刻んだトマトと塩コショウ、タイムやバジルなどのハーブを鍋に入れペースト状になるまで煮込みます。ソースは煮物やパスタ、サラダに活用できます。小分けにして冷凍保存しておくととっても便利ですよ。

@おばあちゃん

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧