• 生活の知恵
  • おばあちゃんの知恵袋|生活にまつわる知恵をご紹介

玉ねぎの保存法|おばあちゃんの知恵袋

ローズさん

伝線したストッキングの中に玉ねぎを入れて干しています。

@ローズさん

おばあちゃん

玉ねぎは湿気に弱いため、常温で風通しがよく、日の当たらない場所に皮のまま保存すると長持ちします。
ストッキングのほか、みかんのネットでも代用できますよ。
ひとつずつ重ならないように結び目をつけておくと湿気がこもりにくく、使うときも結び目の下を切って一個ずつ取り出せるので便利です。
気温や湿度が高くなる夏の時期は冷蔵庫で保存しましょうね。
りんごやキウイと一緒に保存してしまうとそれらが出すエチレンガスによって味や風味が落ちてしまうので注意してください。

【ここがポイント!】
切ったあとの玉ねぎは、空気に触れないようにラップにしっかりと包むか、チャック付きの袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
飴色玉ねぎに使う場合は、冷凍庫で保存すると火の通りが早くなりますよ。

@おばあちゃん

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧