• 生活の知恵
  • おばあちゃんの知恵袋|生活にまつわる知恵をご紹介

捨てる前の切り花をお風呂に浮かべてリラックス|おばあちゃんの知恵袋

捨てる前の切り花のまだ綺麗な部分をお風呂に浮かべて楽しんでます。
にごり湯の入浴剤を入れるととても素敵なバスタイムに♪

@ゆうちゃんさん

おばあちゃん

子どもの日の菖蒲湯や、冬至のゆず湯など、
旬の植物を湯船に浮かべる「季節湯」は、
季節の旬の植物や果物を取り入れ、さまざまなアロマ効果を楽しむ入浴方法です。
切り花を浮かべると、生花の香りがお風呂いっぱいに広がります。
目で楽しむことができ、香りにはリラックス効果もあり、
さらに花びらのお風呂に入るというちょっと贅沢な体験がストレス解消になります。

今回はバラ風呂のつくり方を紹介しますね。

<バラ風呂のつくり方>
1. バラの花を用意し、花びらを1枚ずつむいて汚れを綺麗に洗い流す。

2. 38〜40℃のお湯を少なめに浴槽に張る。入浴剤を使う場合はここで溶かす。
3. バラの花びらを静かに浮かべ、必要であればお湯を足す。

入浴剤を入れる場合は、バラの香りを邪魔しない無香料のものがおすすめです。
バラの状態が良ければ2〜3回繰り返し使うことができますよ。
使い終わったバラの花びらは水を張った花瓶やお皿に浮かべれば、
部屋のインテリアになります。
さらに乾燥させてポプリにすると最後まで楽しむことができますよ♪
ぜひお試しください。

@おばあちゃん

他にもこんな『お風呂に関するエコな知恵』をご提供いただきました
お風呂の水を野菜のみずやりにつかいます

@えみさん

 柚子の種、たくさん出ます。捨てるのはもったない。乾かしてお茶袋に入れて入浴剤としてお風呂に浮かべます。
ゆずの皮も乾燥させて入浴剤代わりです。しっかり乾燥させないとかび発生の素になります。

@ふじやまさん

お風呂のお湯をペットボトルに入れ、湯たんぽ代わりにしています。

@ふみっちさん

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧