ストーブ列車で走る銀世界 青森県五所川原市をお散歩|おばあちゃんの知恵袋

こんにちは。おばあちゃんです。
今日は青森県五所川原市に来ています。

寒さが厳しい青森の冬。
でもこの時期にしかできない体験があるんです。
それはストーブ列車に乗って車窓から雪景色を眺めること。

車両のつくりはもちろん、車内にはかつて一般的だったダルマストーブが設置されていて、 昭和レトロな雰囲気をたのしむことができます。
津軽鉄道線の津軽五所川原駅から乗車すると、石炭の燃える匂いが懐かしく思えました。

窓の向こうには静かな銀世界が広がり、列車が走る音だけが響きます。
ガイドさんによる津軽弁のアナウンスも心地いい。

また、車内でスルメを購入し、ダルマストーブの上で焼いて食べることもできるんですよ。
噛めば噛むほど味が染み出て、普段よりおいしく感じました♪

ダルマストーブや列車に馴染みのない若い世代の方々も
きっと懐かしい気持ちになれるはず。
おばあちゃんはお隣の方と昔話に花が咲き仲良くなりました。

青森は寒いので、運行期間や出発時間を確認してからお出かけくださいね。

ストーブ列車 | 津軽鉄道 株式会社

ちなみに夏には風鈴列車、秋には鈴虫列車なども運行しています。
こちらもぜひお楽しみください♪

@おばあちゃん

【雪国での滞在に役立つおばあちゃんの知恵袋はこちら】
・長野生まれの防寒着『なぎそねこ』
・フリースであったかグッズ
・2月10日ニットの日

※掲載されている当社が提供するサービスに関わる情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、環境市場新聞発行日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノの登録商標です。

関連記事一覧