エコニュースWebマガジン > 電気と環境問題を学ぶ  > 環境問題を読み解くことば
環境問題を読み解くことば・社会の変化と共に、新しく生まれる環境用語の数々をご紹介。
new CO2排出係数(しーおーつーはいしゅつけいすう)

 電力会社が一定の電気をつくる際にどれだけCO2を排出するのか示すもの。発電時の排出量を算出しそれを販売電力量で割って1kW時当たりの量を求める。火力発電など化石燃料を多く使えば係数は高くなる。一般家庭などはこの係数に使用量をかけて電力消費における排出量を計算する。
 2018年度の大手電力会社の排出係数は前年比でほとんどが減少しており、最も減少率の大きかった九州電力は前年の73%だった。

new マイクロプラスチック(まいくろぷらすちっく)

 5mm以下のプラスチックごみのこと。海岸に捨てられたレジ袋やペットボトルなどが海水の波や紫外線にさらされ風化して細かくなったり、合成繊維の衣料を洗濯したとき脱落したり、化粧品などに使われるマイクロビーズが家庭から下水に流出するといった経路で海洋に放出される。生物による分解がなされず蓄積されていく。
 有害物質が付着しやすく、海洋生物が餌と間違って食べてしまうので、生態系への影響も懸念されている。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 や行 わ行
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

  • 電気を学ぶ
  • 環境問題を読み解く言葉
  • 電気を読み解く言葉
  • pick up news
  • 懸賞付きクロスワードパズル