ホーム > 電気と環境問題を学ぶ > 環境問題 常識テスト
環境問題に関する問題を楽しみながらチェックして、環境の知識レベルの向上を目指しましょう!

出題範囲は本紙前号(55号)の掲載記事。

v56_2019Spring
Q1正式名称は「気候変動に関する政府間パネル」。地球温暖化についての科学的評価を担当する国連機関の略称は?

【Hint 出典記事】
「温暖化1.5℃で影響軽減を」※特別報告書を作成した機関(1面)
  • aUNEP
  • bIPCC
  • cWMO
  • dCOP24

答えを見る



 
Q22018年10月、気象庁がこれの精度向上を推進する計画を発表した。大型コンピューターシステムを用いて将来の大気状態を推定する手法を何という?

【Hint 出典記事】
「3日先台風進路予測 誤差100kmへ」※天気予報や台風情報などのもと(1面)
アンダーバー
  • a観測データ収集
  • b地球モデルシステム
  • cアメダス予報
  • d数値予報

答えを見る



Q3正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。日本では2018年10月、新たに2カ所が条約湿地に。この条約の略称は?

【Hint 出典記事】
「○○○○○○○湿地 新規登録」※記事見出しに答えの記載あり(2面)
アンダーバー
  • aラムサール条約
  • bバーゼル条約
  • c生物多様性条約
  • d気候変動枠組み条約

答えを見る



Q4電力会社は常に消費者の需要に合わせ発電量を調整しながら電気を供給している。このように、使う電気とつくる電気の量を合わせることを何という?

【Hint 出典記事】
「身近な電気のあまり知られていない話」※見出しの2行目に答えの記載あり(4面)
アンダーバー
  • a需要供給
  • bインバランス
  • c同時同量
  • dインアウトバランス

答えをみる



topへ戻る