おばあちゃんのゆる散歩 知恵を投稿する

  • 衣類
  • 生活
  • 料理・食材
  • 掃除
  • 趣味・娯楽
  • 社会・文化

秋の味覚を求めて和歌山県九度山町をお散歩2016.10.7更新

おばあちゃん

こんにちは、おばあちゃんです。
ここ最近は風が涼しく、すっかり秋めいてきましたね。

秋といえば「食欲の秋」

魚をはじめ、野菜や果物など、旬の味覚がもりだくさんです。
今日はそんな秋の味覚を味わうため、おばあちゃんは和歌山県九度山町に来ています。

和歌山の特産品といえば、みかんや南高梅が有名ですが、
実は「柿」も全国1位の収穫量を誇るんです。
甘柿の代表品種である「富有柿」は、和歌山県の北東部、九度山で栽培されているんですって。
ここは戦国武将「真田幸村」が関ヶ原の戦いに敗れた後、
徳川家康に謹慎を命じられ、生涯で一番長い時間を過ごした地としても有名なんです。

みかん みかん みかん みかん

そんな九度山の富有柿は、大きく糖度が高いのが特徴。
“柿が赤くなれば医者は青くなる”ということわざは、
柿が熟す時期の気候は過ごしやすく、病人が減って医者の仕事がなくなることを意味しますが、柿自体も果物のなかで、トップクラスのビタミンCが含まれる栄養豊富な果実なんですよ。

11月には大収穫祭が行われ、柿の直売はもちろんのこと、
柿の皮むき大会や和太鼓演奏など、楽しいイベントが目白押し。
イベント内容や開催日は、直接ホームページを見てくださいね。

【柿に関するおばあちゃんの知恵袋はこちら】
   旬の柿をまるごと味わうレシピ

@おばあちゃん

10月のエコ知恵ランキング2017.10.13更新